男鹿半島の春はドロヨケとともに

3月に入りました。
男鹿半島の冬も、もう出口に差し掛かりまして路面の雪も主要な道路ではほとんど消えてきました。
我が家のジューンベリーもつぼみを膨らませ初めまして、男鹿半島の春ももう目前という時期になってきました。

男鹿半島は積雪のある雪国なのは間違いないのですが、実は積雪量はさほどでもないんです。

大きく日本海に突き出した半島ですので、海…特に温かい暖流からの影響を大きく受けることが主要因だと思いますが、冬は秋田県内でも気温が高めに推移する地域です。

内陸の横手周辺が2mを超える積雪を記録したのとは対照的に、男鹿半島の除雪の苦労はさほどでもなかったといのが、自分個人の感覚です。

雪国であっても、路面に雪さえなくなってくれれば自転車乗りならじっとしてはいられません。
逆に今しか見れない雪が残った景色に出会える貴重な季節でもあります。

そもそも冬は路面に雪が無ければ防寒ウェアをまとうだけで十分に自転車を楽しめる季節。
夏のように強い日差しや熱中症対策を講じる必要がない分、楽に走れる季節なわけです。

ただ問題点もいつくか。

道路の雪はほぼ消えているので走行に支障はないんですが、除雪のために路肩に積み上げられた雪はまだまだ残ります。
そこから常に水が染み出しているために、ぬれ路面対策は必須になりますのでご注意。

基本的にはドロヨケ装備が必須になります。
雨の日の走行経験がある方はわかると思いますが、タイヤが跳ね上げた泥水は、主に背中からお尻にかけて筋状につきますので、まずは後輪からの跳ね上げを防ぐのが重要。

自転車の汚れを防ぐ以上に、ウェアの汚れを防いでくれます。
路面からの跳ね上げられた水滴は油や泥が多く混じるためにクリーニングが大変ですので。

具体的にはシートポストに装着するタイプの大きめのドロヨケがおススメ。
自転車によってはポストに装着できない場合もありますが、サドルの後端に挟み込むタイプの簡易的なものでもそれなりに効果があります。

あと条件によりますが、前輪が前方に跳ね上げた水滴が顔のあたりに降ってくるコトもありますので、できれば前輪にもドロヨケ付けたいところですが、ロードバイクだと難しいですね。

除雪の関係で、雪国の春の路肩はゴミや小石の類が多いこともあってパンク対策も重要です。
乗り方もあるので一概にロードバイクの細身のタイヤがダメというコトは無いですが、薄くて軽い決勝タイヤの類は避けた方がいいかも。

その意味では、この時期だけMTBやタイヤの太いクロスバイクをメインで使うのはオススメです。
こちらの車種だとフレームとタイヤのクリアランスが広いので、カバー範囲の広いドロヨケの装着が可能ですので、ぬれ路面対策としてもオススメ。

欲を言えば完璧なドロヨケを装備したランドナータイプの自転車も一台欲しいとこです。
最近はグラベル向けの自転車がカタログに載ることも増えてきましたし、そうした車種を検討するのもいいかも。

男鹿半島、冬の林道

冬の男鹿半島。
内陸の豪雪地域に比べるとたいしたコトはないんですが、道が雪や氷におおわれるのは確か。
でも、閉じこもってばかりはいないのが冬の男鹿半島の自転車ライフ。

積雪、除雪で路面も滑りやすく、路肩も狭まってしまう雪国では、ロードバイクに乗って楽しむにはいささかリスクが高すぎです。
スパイクタイヤはいて一般公道を走ってもいいんですが…楽しくないですし、危ない。

というわけで、冬は除雪の入らないような場所にMTBなどを持ち込んで楽しむのが雪国スタイル。

この時期、林道に出かけるのも最高に楽しいアクティビティです。

サイクルスポーツは非日常を手軽に味わうレジャーの一つですが、冬の林道MTBライドはその最たるものの一つですね。

景色が違う

もう写真を一枚見てもらえば分かりますが、景色が違う。
周りを林に囲まれて、それでいて一面に雪という景色はなかなか出会うことがありません。

見晴らしのよいスキー場の景色とも違う、自分が冬の雪山の一部になるような感覚。
林が冷たい風を遮ってくれるおかげなのか、寒いはずなのに、どこか温かみのある感覚。

これは冬の林道ならではの独特の感覚で、これはぜひとも実感していただきたい。

男鹿半島の林道は、除雪してある一般道からアクセスしやすいところに何本かあるので、冬の林道初心者には向いてるかも。

ただし、一本通して走る抜けるには装備とスキル、あと土地勘がないと危険なトコもあるので現地の自転車乗りに同行してもらうのがよいかも。

何事も安全第一。

注意事項

いちおう注意事項としては、林道とは言え道路ですので車両には注意すること。

名前の通り、林業関係者のための道路ですから調子にのってスピードを出してぶつかったりしたら最悪です。
だいたい林業関係の車両は大型車なのでぶつかったらただではすみません。

まぁ、雪道だと下りでもスピードはぜんぜん出ませんし、それほど危険な状況になることはないでしょうが。

雪道走行のコツ

自転車で雪道を走るときのコツはいくつかあります。

基本的に乾燥路とは比較にならないほどタイヤがグリップしません。

なので坂道できついからといってダンシング(立ちこぎ)すると、リアタイヤの加重が抜けて全く進まなくなりますので、のぼりはすべてシッティングでペダルを回さないといけないです。
けっこうきついですけど。

少しでも路面とタイヤをグリップさせるには、タイヤの接地面積を増やす必要があります。
具体的にはタイヤの空気圧をぐーっと下げます。

路面やスキル、体力にもよりますが1~2気圧とかそんな感じです。
もちろん、タイヤの気圧を下げるとパンクしやすくなりますし、これまたすごくペダルが重くなる。

けっこう体力勝負なトコはあります。

もうグリップしないところや、雪が深くてタイヤが埋まってしまうとこは自転車を押してクリアするコトにして空気圧をそこそこ入れとくというのもやり方ですので、このへんは試行錯誤してみるしかないです。

あとは絶対条件として、補給食と温かい飲み物は必ず持参すること。
ないとつらい…というよりは、あれは格別に美味しいですから!

楽しむためには絶対無理しない

一番大事なコトは絶対無理しないコト。
何かあっても冬の林道なんて、誰も通りかかりませんし、携帯電話も通じないところが多いです。

何があってもトラブルになるような無理をしないこと。
軽度のトラブルなら自分で解決して帰ってこれるぐらいのスキル。
自分の位置を把握してトラブル時の帰還ルートを常に意識するコト。
ソロで知らない林道にアタックとかはしないコト。

リスクは現実化することをよく認識して、それに備えること、備えを上回るリスクに直面したときは素直に引き返してくるコト。
このあたりを正しく認識することが冬の林道ライドを楽しむ一番の勘所です。

できれば林道雪道ライドも企画したいところですが、昨今はなかなか難しい状況。
状況が良く成れば、また参加者募って、林道をMTBで楽しみたいとこですね。

冬でも遊ぼう男鹿半島 the MTB

雪国では冬は自転車に乗らずに家に閉じこもってそうなイメージあるかもしれませんが、実はそーでもないんです。

もちろんロードバイクしか持ってないのならそうするしかないんですが、MTBやグラベルバイク、太めのタイヤを履いたクロスバイクなら、実は雪の上でもけっこう楽しめる。

一般道は避けます

もちろん、車の往来がある一般道は、除雪で路肩が狭くなってますし、万が一スリップした時の車との接触リスク考えたら、とても楽しむどころじゃない。

積雪で誰も行かなくなった公園や空き地、林道あたりがメインスポット。

運動公園ライド

うちの近くに運動公園があるんですが、ここは平地の周回路も、アップダウンのある遊歩道もあるので、こーゆー場所にMTBを持ち込んでます。

走る距離はたいしたコトにならないんですが、雪上ライドはめちゃくちゃ負荷が高く、ペダルが重いので、運動公園をぐるっと回るだけでも、相当な運動量です。

路面のミューがもの凄い低いので、タイヤの接地面積を増やすために、ぐっと空気圧を下げてタイヤを路面にかませる感覚を意識しながらのライドはなかなか面白い。
夏のロードバイクライドしか知らない人には全くの異世界感覚です。

そう対策しながら走っても上りは全く進まず、押して上る坂もしばしば。
下りだって路面抵抗が大きいので、ズルズルとしか下っていけません。

そのかわり、どっかに引っかかって落車しても、まわりは雪だらけなのでけがをするリスクもほとんどありません。
というか雪の上にひっくり返るのが楽しい!

自然と楽しむ自転車ライフ

男鹿半島は北緯40度線上にある北国。
冬には雪も降ります。

ただし、沿岸地域ですので降雪量も積雪もそれほどではないです。
ちょっと探せば雪上ライドを楽しめる場所が、けっこう見つかります。

そうした気候と場所に合わせて楽しめるっていう意味でも、自然と一緒になって自転車を楽しめるのが男鹿半島の魅力の一つでもあります。

一般公道ではないのでコースを掲載するっていうわけにはいかないですがイベントとしてご案内できればと考えてます。

今しばらくは無理ですが、早くそういうコトができるような時期が来るといいです。

男鹿半島:冬のMTBアクティビティ

男鹿半島は北緯40度の雪国です。

冬場は寒さはもちろん降雪・積雪がありますので、自転車でスピードを出して楽しむのに適しているとは言い難く。

ですが、それはあくまでロードバイクで一般公道を走り回るコトに関してのみ。

山は、MTBは違います。

冬こそMTB!

一般公道が走れないなら林道です!
MTBです!

林の中は冬の寒風を防いでくれますし、ロードバイクほどの速度ではないので向かい風に体温を奪われることもないです。

ロードバイクの秋装備ぐらいの服装で、十分に楽しめちゃいます。
というかたいてい暑くて途中で上着を脱ぐことが多いですね。

ロード向けの真冬装備ウェアはたいへんお高いですが、MTBのライディングは前傾きつくないのでサイクルウェアじゃなくてもぜんぜん問題ないです。

山の中にはウェアが云々いう人もいませんから。

林道に運動公園などなど

コースもいろいろ揃ってます。
何でもない舗装路でも、雪が積もって路面μが少なくなれば、絶好のスノーライドコースへと変わります(そのかわりめちゃくちゃ疲れますが…)。

冬場人出がなくなる公園の舗装された遊歩道なんて、MTBで遊ぶにはちょうどよい感じ。
たまにスノートレッキングしてる人に出会うこともありますが、雪道だとそもそも危なくなるような速度は出せませんからロードよりずっと安全です。

あと、山の麓を走る林道コースも雪が深くなる前はミドルコースとして絶好。
増川、滝川、真山といったあたりの林道をドロドロになって走破する楽しみは格別ですよー。
途中、真山神社でお守りを求めるのもよし。

冬も遊ぼう

冬は籠って家遊び…というイメージがある雪国ですが、そんなの工夫次第です。

秋から初冬にかけてはMTBでいろんなトコロに遊びに行けます。
雪が深くなるとMTBで走れなくなりますが、他にもXCスキーだったり、いろいろと外遊びには事欠かないのが地の果て男鹿半島の良いトコです。

近々ライドレポートもアップしますので、お楽しみに!

生鼻トンネル通行規制解除されました

男鹿半島の交通の要のひとつ、生鼻トンネルが集中豪雨による土砂崩れのため海側の第1トンネルが通行止めになったのは、忘れもしない2018年の5月。
グレートアース男鹿白神大会の前日でした。

前代未聞の220kmのコース設定でなんとも無茶しましたね。
予定通りに開催されたらDNFの嵐だったんじゃないかと。

ところが男鹿半島の各所で道路が分断されたため、最大の見どころである大桟橋ルートがキャンセルになったので、190kmぐらいの距離へと変更。

今から思えば、やっぱファンライドで200kmオーバーは無理があったかなーと思いつつ、逆に220kmのコースを設定していなかったら、すごく短い距離のイベントになってた可能性もあり、いろんな意味で偶発的、奇跡的なバランスを保った大会だったなぁ…と。

トンネル工事終了

そして、その一昨年の5月から、ずーっと通行規制が行われてきた生鼻トンネルの工事がようやく完了しまして、2本のトンネルが利用可能になりました。

上下線とも2車線ありますので、いままでより安全に自転車の通行も可能となります。
とはいえトンネル内の車道通行はリスクが伴うので、可能であれば海側の第1トンネルの歩道を徐行で通行するのがよいかと思います。

それほどお急ぎじゃなければ、より内陸の茶臼峠の迂回が自転車乗り時にはオススメです。
やはりトンネルは自転車乗りには鬼門ですので。

これからの積雪期は自走で男鹿半島までいらっしゃる方は少ないと思いますが、また春になりましたら、男鹿半島ツーリングを存分にお楽しみいただければ!

男鹿自転舎 -レンタサイクル-

昨年から男鹿駅の駅前でe-bikeを中心にレンタサイクルを行っている男鹿自転舎を紹介いたします。

縮小傾向にある男鹿の公共交通にかわって観光客に身近な「足」を提供するとともに、車では気付けない新鮮な景色やお店、人に出会える「自転車旅」を提案しています。

貸し出し時には、お客様のお時間や体力などを伺ったうえで、おすすめのコース提案もさせてもらっておりますので、初めて男鹿半島に来られた方でも気持ちの良いサイクリングをお楽しみいただけるかと思います。

取り扱う自転車は、爽快な走行感が味わるスポーツバイク。
電動アシストが付いたMTBとクロスバイク、それにアシストなしのロードバイクの3種類。
大小サイズは揃えていますので、普段スポーツバイクに乗られる方も、自転車には乗らない方も、皆さまお楽しみいただると思います。


なお、レンタサイクルの詳細についてはこちらのページをご確認ください
本ホームページからもお申込みができるようになっておりますので、ぜひご利用ください。

スタッフ大橋さんからのメッセージもお預かりしてきましたので、ぜひご覧くださいませ。

秋の雲昌寺

アジサイ寺として全国区の人気スポットの男鹿市北浦の雲昌寺。
ここは、秋の紅葉シーズンに訪れても、とても風情のある良いお寺というのは、北浦以外の方々はあまりご存じないかと思います。
時期的には10月下旬から~11月初めころ。

秋の紅葉シーズンは銀杏や紅葉が鮮やかに色づいて、初夏のアジサイの青とは対照的な鮮やかな赤や黄色に境内が包まれます。
参拝される方もまばらな時期ですので、静かなお寺の風情を楽しむにはぴったりです。

自転車で男鹿一周をするときも北浦地区は1周60kmの中間を過ぎたあたりになるので、休憩したり、飲食店でお昼をとるにはちょうど良い場所になります。

また、男鹿半島のサイクルイベントでも何度もお世話になっております。
境内で散策させていただいたり、本堂の脇で軽食提供させていただいたり。

お寺が好きな方には秋の紅葉シーズンの方が満喫できるかと思います。
お守りや御朱印なども用意しておられるそうですので、参拝の思い出といっしょに求められるのもおススメです。

副住職の古仲さんからメッセージを頂いてきておりますので、こちらもご覧くださいませ。

里山のカフェににぎ

里山のカフェににぎは、男鹿半島の北より中ほどにある古民家カフェです。

風情のある古い民家を改装してカフェと民宿を営業されてます。
店舗ホームページはこちらです。

男鹿半島を一周するゴールデンコースでも、帰り際のバイパスからすぐのところにあるので、うまくタイミングがあわせてカフェ&ランチで利用できるお店です。
サイクルイベントでも何度もお世話になっております。

ランチは数量限定なので予約で利用するのがオススメ。
フツーに珈琲ブレイクを楽しむのであればいつ行っても暖かく迎えてくれます。
たまに臨時休があるので店舗ホームページで営業日をご確認の上ご来店下さい。

珈琲は丁寧にハンドドリップで淹れてくれますので少々お時間かかりますが、逆にお店の中はゆったりとした風情あふれる素敵空間ですので、待ち時間はあっという間に流れるはず。

民宿としての営業も行っておりますので、遠くからの男鹿ライドの前日入り等に利用するのも便利です。

こちらでも、サイクルスタンドと空気入れを準備していますので、自転車で訪れた時は遠慮なくお声をおかけください。

店主の猿田さんからメッセージもいただいてきましたので、どうぞご覧くださいませ。

ちなみに、メッセージ収録時のノーカット版はこちら
ご興味ある方はどうぞ。

珈音焙煎所

こおひい工房珈音でおなじみの珈音焙煎所。
店舗のホームページはこちらです。

ここにカフェがあると説明されても、にわかには信じられないような田舎の田んぼの中にある自家焙煎の珈琲屋さんになります。

もともと小さな焙煎所としてスタートしたこおひい工房珈音ですが、ここ最近は豆を取り扱ってくれる場所も増え、メニューに取り入れてくれるお店も出てきたコトから、焙煎所としての立ち位置を強化しているコトもありまして「珈音焙煎所」としての紹介です。

営業日は木、金、土の週三日。
そのうち木曜日は、焙煎所のオーブンで焼き上げた自家製食パンの販売も行っております。

珈琲メニューや豆の販売も従来通り行っております。

サイクルイベントの際の昼食、休憩に利用させてもらったり、オーナーの佐藤さんと共同でサイクルカフェを開催させてもらったりと、男鹿半島の自転車乗り的にも定番のカフェスポットになっております。

お店にはサイクルスタンドと空気入れを準備しておりますので、必要な方はお気軽にお声をおかけください。

スタッフ池内さんのメッセージをいただいてきましたのでご覧くださいませ。


油断してると、すぐに新しい試みを始める楽しいお店ですので、お時間合うかたは是非一度お立ち寄りください。

地域おこし協力隊員募集のお知らせ

男鹿市では、新たに地域おこし協力隊員の募集をスタートしました。
今回の募集は観光分野、サイクリ関連に携わる隊員が募集対象になります。

現在、観光、サイクル関係を担っておられる隊員さんの任期満了に伴う募集となるようです。

詳しくはリンク先の資料にてご確認のうえ、男鹿市観光課の方にお問い合わせ願います。

【公募】地域おこし協力隊を募集します(観光分野・サイクリング)

正直、地域おこし協力隊というのは、一般のサラリーマン、公務員と比べてもかなり個性的な職種になりますし、任期も限られませすが、うまくマッチングすれば力を発揮できる仕事になります。

誰でもお気軽に、という募集ではありませんが、そうした分野に興味を持って将来を考えてらっしゃる方は、ぜひ一度お問合せしてみてください。