男鹿駅前と鵜ノ崎海岸

スポーツ自転車がブームになって久しいですが、だからと言って誰もがスポーツ自転車に乗って楽しめるかと言えば、そうとも限らない。

長距離はたいへん

スポーツ自転車は楽に長距離を楽しく乗れる最善の手段であるのは間違いないですが、普段まったく自転車に乗らない人にとっては、楽であるとは限らないです。

たとえ往復20kmのショートコースであっても体力が十分でない人もいるでしょうし、慣れてない自転車に体のあちこちが痛くなることもあるはず。

それじゃ楽しめない。

スポーツ自転車を楽しむにあたって長距離を走ることは必ずしも必要なくて、なんなら10kmのコースでも、それが一番楽しいという人もたくさんいるということは忘れちゃいけないです。

鵜ノ崎海岸

男鹿駅からはわずか5km。

往復でも10kmのところにある鵜ノ崎海岸は、ほんとうの意味の初心者にとっては最高のサイクルスポットの一つかもしれないです。

たしか小学校の時、学校から直接歩いていって鍋っこ遠足を楽しんだりした場所です。
船川からめちゃくちゃ近いとこです。
トイレもちゃんとありますし、夏場はキャンプに来られる方々も多数。

遠浅の岩場海岸ですので、自転車から降りて散策するにも良いですし、夏場ならちょっと波打ち際で探検がてら水遊びするのも楽しい。

天気が良ければ、岩場の向こうに鳥海山がうっすらと見えたりもして、朝なんかはとても幻想的な風景に出会うことも。

むかしドライブインだった建物も、今は食堂として通年営業されてるようですので、海の幸を中心にしたランチも楽しめます。

スポーツ自転車に慣れた人にとっては、往復10kmでは楽しめないかもですが、逆に往復10kmだからこそ楽しめる人にとっては、間違いない場所です。

男鹿駅前も楽しもう

鵜ノ崎コースを往復すた場合、戻ってきてから男鹿駅前も楽しむ時間があるというのが、実は大きなポイントだったりします。

地元の人間が言うのもなんですが、ほんの数年前に比べて、男鹿駅周辺はすごく立ち寄る場所が増えて「遊びに来る」のが楽しい場所に変わってます。

カフェや食堂と言った場所に加えて、道の駅おがーれもできましたし、駅前の広場に出店する方も現れたり、人が集まれる場所として変わってきてるのが地元民的にも信じられないくらい。

鵜ノ崎まで自転車で頑張って海岸の風を楽しんで、戻ってきたら男鹿駅前のお店を楽しむ。
そんな楽しみ方も、自転車の楽しみ方の一つです。

男鹿半島西岸の上りと下りと断崖と

男鹿半島の西岸は、ほぼほぼ崖です。

半島の西側に標高700m超の山が連なってて、そこから海に向けて断崖絶壁が続いてる海岸線。
フツーは道路なんか作れる場所じゃないんですが、なぜか道はある。
あるなら楽しまなきゃ損ですよね。

崖の真ん中を約15kmのアップダウンが続くコースのダイナックさは半端ない。
平らな場所の無い崖に無理やり作った道ですから普通の道とは違います。

たぶんアップダウンという表現は正しくなくてヒルクライムとダウンヒルの連続。
平坦は切り替わりの一瞬。
崖を抜けていくためにかなり無理な斜度が続きますし、谷や沢を避けて右に左にグイグイ曲がっていきます。

かつ左眼下には常に断崖絶壁があるという、距離や獲得標高では測れない面白さがあるのが男鹿半島西岸のクリフサイドロード。

見渡す海にも様々な形の岩が続きます。
中には船でくぐれる岩の棧(かけはし)も。

それなりに体力と技術は要るかもですが、そうした努力に見合っただけの体験ができる道であるのは保証します。

ぜひ自転車持って(もしくは乗って)、遊びに来てもらえれば。

こちらの画像をクリックして詳細をご確認を
ライドプラン作成に参考になると思います。

男鹿半島一周ゴールデンコース

355mの森林限界

通常、森林限界と言えば標高の高い山岳で低い気温などの気象条件によって高い木が育たず森林が形成できなくなるコトを言います。

日本では富士山や日本アルプスなどの標高の高い山々で見られ、視界を遮る樹木がないことで抜群の景色を楽しめる場所としても人気。

ところが男鹿半島には、わずか355mの標高でそれを実感できる山があります。
地元の自転車乗りには抜群の人気を誇る寒風山です。

(南東:秋田市方面に広がる海岸線)

北緯40度とは言え、この標高で本当の森林限界を迎えるわけはなく、これは人の手入れによるもの。
麓の集落の柴山として利用されていたもが、現在は行政やボランティアの手によって草刈りが行われていて森林化を防いでいます。

そのおかげで山頂付近には高い木がなく360度のパノラマビューが開けているわけです。

上の写真でも分かりますが、本当の森林限界は高山なので海が遠くなりますが、こちらは半島にそびえる山ですので、海岸線を綺麗に望めるのもイチオシポイント。

(北東:世界遺産、白神山地を望む)

もちろん山頂からの眺めも素晴らしいですが、樹木帯を抜けてからの景色はどれもが絶景。
どこで景色を眺めても、どこで写真を撮っても思い出に残る最高の景色に出会えます。

管理人的の一押しは、西側ルートから登って最初の峠を越える場所(板場の台と呼ばれてます)からの、男鹿の三山を眺める景色。

(西:お山連峰の稜線を端から端まで望める)

男鹿半島の西側に連なる”お山連峰”の佇まい
それを端から端まですべて一望できる寒風山から眺めるコトでしか出会えない絶景。

寒風山はそこそこ登りごたえのある山ではありますが、シャカリキになってペダルを踏むより状態を起こして息を整え、まわりの景色を目に焼き付けながら登ってほしい山です

355mの森林限界を超えて、ぜひ自分にとっての最高の景色に出会いに、ぜひ男鹿半島に!

アクセスマップ等、こちらの記事もご参考に

男鹿半島 朝活ライドのススメ

今年は男鹿半島も異常な晴天が続いています。
これで気温が20℃台なら、超ライドWEEKな感じで大歓迎なんですが、連日の30℃越えでとても日中にガンガン乗る気にはならない状況。

といわけで朝活のオススメです。

今の日の出が4時30分ころなので、4時~7時あたりがねらい目。
気温も25℃越えないので、乗るなら朝です。

朝の景色はいいですよ。

太陽が低く光が角度をつけて降ってきますから、いつもの背景が特別な風景へと変わります。
SNS映えするのは間違いない。

何度も男鹿半島に来ている方も、この機会に朝イチトランポで遊びに来てもらって、7時ころに撤収するスケジュールを立てるのも面白いです。

ポイントは寒風山や海岸線あたり。
森や林の中を向ける道もいい感じです。

自転車は非日常を味わる最高に手軽なツールの一つです。
この機会に、朝活で男鹿半島ライドを計画してみるのは如何でしょうか。

NAMAHAGE GRAET BRIDGE

男鹿半島のほぼ真ん中。
ナマハゲラインと呼ばれる道路にかかるひときわ大きな橋

ナマハゲ大橋

地元の人はこれは畏敬をこめてN.G.B.(NAMAHAGE GREAT BRIDGE)と呼び…ませんね。
フツーに安全寺(地元の地名)のおっきな橋、ぐらいにしか呼びません。

車で走ってると実感薄いと思いますが、ここ、物凄く高く大きな橋です。
自転車だと車道の左端を走るので、よりいっそう高さを認識できる。

かなりスリリング
落ちたらまず助からない
いままで落ちた人…いるのかな?

お山へと続く棚田

この橋は途中西側にお山(男鹿半島の西側にある本山、真山、毛無山の連なり)へと続く棚田が見えます。

地元観光的には「日本の原風景」的な棚田の風景として売り出したい様子。

ただ「日本の原風景」的な風景って、どこの田舎に行ってもあります。
ネットやSNSでちょっと検索するだけで、けっこうな数ヒットしますし。

橋の途中で停車するのもまずいですし、車での移動が基本の一般的な観光としては少し難しい。
安全に路肩に停められる自転車が向いてるのかも。

知性と技術と暮らしと命

なぜ棚田が美しき見えるかを、ちょっと考えたことがあります。
そこで出た答えは非常に「理系」的。

急峻な斜面から、もっとも平面を切り出せる区割りを考え出す知性と、そこに幾何学的に整然と高密度に稲を整列させる開墾技術と田植え技術の融合が生み出すもの。

それが棚田の美しさの根本をなしてると。

お米が豊富に収穫できた時代というのはそんなに長くはないです。
こうした知性と技術が、人の暮らし…命を支えてきたという歴史が、人の心に刺さるんじゃなかろうか。

仰ぎ見る大橋

すぐ脇に橋の下へと降りられる小道があります。
(一部、未舗装なるので細くて薄いタイヤの人ご注意)

この角度から見ると、N.G.B.の全容がよく分かります。
大きな橋脚に支えられた橋が、棚田広がる谷を一跨ぎにしてる威容。

大規模構造物が醸し出す、世界を支えてるオーラは独特です。

真下から見上げると、こう。

普通、頭上に大きな構造物があると、落ちてきそう…的な不安感があるものですが、ここは全くそれを感じさせない、揺るぎない足場感が気持ちを落ち着かせてくれます。

男鹿半島には見るべき風景、楽しめる施設、笑顔生み出す料理等がたくさんある。
観光地たるにふさわしいものがたくさんあります。

加えて、せっかくの自転車旅なら、こうした構造物に間近に感じられるポイントに立ち寄るのも面白いですよ。

カモシカだ! アオサギだ!

男鹿半島を走ってると退屈しません。

このあいだ、ちょちと脇道にそれて写真を撮ってたところ遠くから珍しめのお客さんが。

カモシカさんですね

実はそんなに珍しくはなくて今までも何度か遭遇してます。
それほど警戒心が高い方ではないですが、写真に収められたのは今回が初めて。
いい記念になりました。

サギさんも

少し望遠が効くカメラがあれば田んぼにいるアオサギも狙えます。

警戒心高めなので、望遠コンデジか、ズームの効く一眼レフが欲しいとこです。
これはSONYのDSC-WX300なので20倍ズーム機です。

自転車での野鳥撮りには30倍ズームのコンデジあたりを持ち歩ければ便利そうです。

少し離れたところで止まって、静かにゆっくり近づいて撮影するのはハンティングにも似た気分が味わえて、ちょっとだけスリリング。

これはゴイサギ。
アオサギよりも小さくて、名前の由来なんか調べると貴族なサギだったりします。

なかなか写真には収められませんが、ほかにもキジやトビは普通に見れますし、野鳥に詳しい人なら、豊富に出会える小さな鳥たちを見分けられるはずです。

いろいろ出会えます

レアと言えば、川沿いや水路を走ればカワセミに出会うこともあります。
ほんとにレアですし、写真に収めるのは難しそうですが。

野鳥や動物に出会うコツとしては、なるべく自動車のいない脇道にそれてみること。
ちょっと山際や川沿いに寄り道するだけで、野生を身近に感じられるのが男鹿半島の魅力の一つ。

なお、男鹿半島にはクマやイノシシは常時生息してはいないようなので、よその地域に比べると襲われるリスクは少なめ。

ぜひ寄り道チャレンジしてみましょう!

男鹿半島から眺望する鳥海山

基本的に男鹿半島からは鳥海山は見えません。

直線距離にして100kmほどなので地平線の下に沈むような距離ではないのですが、やはり間に横たわる日本海からの水蒸気の影響か、雲や霞の向こう側になるのが通常。

ところが、まれに気象条件によっては見えることがあります。

雲間に浮かび上がる島のように見えたり、雲の隙間から覗いてみたり。
時にはすそ野まではっきりと見渡せるときも。

今日の姿はこんな感じでした。

男鹿半島の南側、おおむね海岸線からならどこでも見えるかと思いますが、やはりオススメは寒風山から。

特に自転車で登っていけば、坂道の途中であってもふっと見かけた鳥海山に足を止めるのも自由。
道路わきに自転車を安全に止めて眺めるもよし、写真に収めるもよし、です。

今日はよほど条件が良かったのか「くっきり」見えてました。
麓のほうまでくっきり見えるのはかなりレア。
撮影ポイント探しながら、何枚も山姿をカメラに収めてきました。

ちなみに「ふわっと」見えるときはこんな感じ。

これはこれで風情あります。

向こうは2,236mの秀麗無比なる山体ですが、100km離れた男鹿半島から海を越えて眺める姿もこれもまだ秀麗なのは間違いない。

その時々で、見え方がぜんぜん違いますので男鹿半島の南側や寒風山に自転車でお出かけするときは要チェックです。

自転車で行く男鹿半島:寒風山

男鹿半島で自転車を楽しむ方法は大きく分けて二つ。

一つは海岸線を時計回りにライドする海コース。
もう一つは寒風山を中心に山中心にライドする山コース。

男鹿半島の場合は、海岸線もアップダウンは多めなのでコースの難易度はそんなに変わりません。
今日は見晴らしの良い寒風山をお勧め。

355mの最高の展望

男鹿半島の東側にそびえる寒風山は山としてのサイズは山頂で355mのミニマウンテン。
ですが355mなのに山頂部に樹木がなく360°のアラウンドビューが楽しめる。

もちろん森林限界なわけではなく、火山組成であること、長きにわたって柴山として利用されてきたことが主要因。
今は行政が山頂付近の草刈りや山焼きを行って景観を保ってます。

自然の恵みと人の手間暇の両方によって、この標高としてはありえないレベルの眺望が維持されてるわけです。

HP担当スタッフは、寒風山麓の集落に住んでいますので、天気の良い日は朝活として頻繁に寒風山に登って、山の魅力を満喫してます。

控えめに言って「極上」です。

海に突き出す半島の海岸線カーブのダイナミックさはよそではなかなかない。
この景色、皆様に見て楽しんでいただきたい。

ビュー&クライム

山頂からの眺めはどちらから登っても同じですが、登りの途中で景色を楽しめるかは東西どちらから登るかでだいぶ違います。

男鹿市外からいらっしゃる方は東(脇本側)から登られると思いますが、実はこちらは景色としてはイマイチ。
途中までの樹木が多く見晴らしが悪い。

本当にオススメなのは西(滝川/馬生目側)から登るコースです。

こちらは道路沿いの樹木がまばらで視界をさえぎるモノがありませんので、最高の景観と最高のヒルクライムを同時に楽しめるベストコース。

男鹿半島の西側にそびえる本山を中心にそえたお山連峰に常に見守られながらのヒルクライム。
この景色を下りのよそ見ができない状態でしか見れないのはもったいない。

限界ギリギリのタイムアタックやシビアなトレーニングであればともかく、せっかく男鹿半島に自転車で遊びに来たのであれば、ぜひ西コースからお楽しみいただきたい。

アクセス

普通にルート検索しちゃうと東コースになってしまうので、いったん男鹿総合運動公園に向かって、そこから寒風山に向かうのが分かりやすい。
もちろん男鹿駅やオガーレからでもオッケーです。

男鹿半島は海と山が接近している複雑な地形をしているので、いろいろな楽しみ方が隠れています。
ぜひ、実際に自転車で遊びに来て新しい発見をしていってください。

幾何学模様の水田ライド

男鹿半島でもほぼほぼ田植えは終了しました。

ちょっと前までは水をいれた田んぼに太陽の光がキラキラした光景が広がっていましたが、今は幾何学模様に並べられた稲が秋の実りを目指して、少しづつ成長を始める季節。

梅雨を超え、猛暑をこえ、災害を乗り越え、秋に美味しく実ったお米を楽しみにしながら、田んぼの中をライドする気分は田舎住まいならではのもの。

多少、食いしん坊も入ってますが…

すっかり温かくなってきましたので、早起きして朝活ライドを楽しむのにちょうどよい季節です。
この時期だと日中は紫外線対策をしっかりしないといけないですが、朝活であればそれほど気にする必要もないので、ラフめのウェアでさっと気楽に朝のライドタイムを楽しめる季節です。

写真はスマホで撮影したものなので遠くに小さくしか見えませんが、シロサギ田んぼでエサ(たぶん虫)を取ってるのが見えてます。

田んぼライドをしてると高い確率で遭遇するので何度か大きく撮影するのに挑んでますが、割と警戒心高めなのでクリートを外す音に驚いたりとなかなかうまくいっていません。

高倍率のコンデジ(20x~30x)あたりで遠くから狙うのが良さそうです。
今シーズン中に一枚ぐらいはゲットしてみたいです。

朝活ライド、ときどきアップしますね。

男鹿半島のサクラライド

男鹿半島にもサクラの季節到来。
今年は秋田県全体でみると桜前線の到来は早かったみたいですが、ちょうど寒い日が間に挟まったおかげで、すでに秋田市では散ってるサクラが、男鹿半島ではまだ散り始めで、今が見ごろになってます。

とはいえ、実は近隣の市町村に比べると、サクラの名所と言えるような場所が少ないです。
特に、男鹿半島に自転車で遊びにいって立ち寄れるコース上で探すとなると、ほとんど選択肢がない。

男鹿市総合運動公園

男鹿半島を一周したり、寒風山から船川方面に降りてきたときにちょうど良い位置にあるのが男鹿市総合運動公園。

ここの駐車場や、公園内に植えられてるサクラが、ここ数年よい感じに咲くようになりました。
樹木も若く、ある程度世話もされてるようで、花の咲き方に勢いがあります。

場所が運動公園ということもあって、ブルーシート広げて花見をするという人もほとんどいませんし、自転車ライドの帰りにたちよって休憩しながらサクラを眺めるにはぴったりです。

携帯用の珈琲ドリップ用品を持ち込んで、珈琲タイムを過ごすのにもいいかも。
近くにコンビニもスーパーもありますので。

男鹿半島の今年のサクラ、週末には葉桜になるかもですが、そろそろ男鹿一周ライドも気持ちよく楽しめる時期が来ましたので、お天気よければぜひ遊びに来ていただければ。