幾何学模様の水田ライド

男鹿半島でもほぼほぼ田植えは終了しました。

ちょっと前までは水をいれた田んぼに太陽の光がキラキラした光景が広がっていましたが、今は幾何学模様に並べられた稲が秋の実りを目指して、少しづつ成長を始める季節。

梅雨を超え、猛暑をこえ、災害を乗り越え、秋に美味しく実ったお米を楽しみにしながら、田んぼの中をライドする気分は田舎住まいならではのもの。

多少、食いしん坊も入ってますが…

すっかり温かくなってきましたので、早起きして朝活ライドを楽しむのにちょうどよい季節です。
この時期だと日中は紫外線対策をしっかりしないといけないですが、朝活であればそれほど気にする必要もないので、ラフめのウェアでさっと気楽に朝のライドタイムを楽しめる季節です。

写真はスマホで撮影したものなので遠くに小さくしか見えませんが、シロサギ田んぼでエサ(たぶん虫)を取ってるのが見えてます。

田んぼライドをしてると高い確率で遭遇するので何度か大きく撮影するのに挑んでますが、割と警戒心高めなのでクリートを外す音に驚いたりとなかなかうまくいっていません。

高倍率のコンデジ(20x~30x)あたりで遠くから狙うのが良さそうです。
今シーズン中に一枚ぐらいはゲットしてみたいです。

朝活ライド、ときどきアップしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です