冬でも遊ぼう男鹿半島 the MTB

雪国では冬は自転車に乗らずに家に閉じこもってそうなイメージあるかもしれませんが、実はそーでもないんです。

もちろんロードバイクしか持ってないのならそうするしかないんですが、MTBやグラベルバイク、太めのタイヤを履いたクロスバイクなら、実は雪の上でもけっこう楽しめる。

一般道は避けます

もちろん、車の往来がある一般道は、除雪で路肩が狭くなってますし、万が一スリップした時の車との接触リスク考えたら、とても楽しむどころじゃない。

積雪で誰も行かなくなった公園や空き地、林道あたりがメインスポット。

運動公園ライド

うちの近くに運動公園があるんですが、ここは平地の周回路も、アップダウンのある遊歩道もあるので、こーゆー場所にMTBを持ち込んでます。

走る距離はたいしたコトにならないんですが、雪上ライドはめちゃくちゃ負荷が高く、ペダルが重いので、運動公園をぐるっと回るだけでも、相当な運動量です。

路面のミューがもの凄い低いので、タイヤの接地面積を増やすために、ぐっと空気圧を下げてタイヤを路面にかませる感覚を意識しながらのライドはなかなか面白い。
夏のロードバイクライドしか知らない人には全くの異世界感覚です。

そう対策しながら走っても上りは全く進まず、押して上る坂もしばしば。
下りだって路面抵抗が大きいので、ズルズルとしか下っていけません。

そのかわり、どっかに引っかかって落車しても、まわりは雪だらけなのでけがをするリスクもほとんどありません。
というか雪の上にひっくり返るのが楽しい!

自然と楽しむ自転車ライフ

男鹿半島は北緯40度線上にある北国。
冬には雪も降ります。

ただし、沿岸地域ですので降雪量も積雪もそれほどではないです。
ちょっと探せば雪上ライドを楽しめる場所が、けっこう見つかります。

そうした気候と場所に合わせて楽しめるっていう意味でも、自然と一緒になって自転車を楽しめるのが男鹿半島の魅力の一つでもあります。

一般公道ではないのでコースを掲載するっていうわけにはいかないですがイベントとしてご案内できればと考えてます。

今しばらくは無理ですが、早くそういうコトができるような時期が来るといいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です