男鹿半島:冬のMTBアクティビティ

男鹿半島は北緯40度の雪国です。

冬場は寒さはもちろん降雪・積雪がありますので、自転車でスピードを出して楽しむのに適しているとは言い難く。

ですが、それはあくまでロードバイクで一般公道を走り回るコトに関してのみ。

山は、MTBは違います。

冬こそMTB!

一般公道が走れないなら林道です!
MTBです!

林の中は冬の寒風を防いでくれますし、ロードバイクほどの速度ではないので向かい風に体温を奪われることもないです。

ロードバイクの秋装備ぐらいの服装で、十分に楽しめちゃいます。
というかたいてい暑くて途中で上着を脱ぐことが多いですね。

ロード向けの真冬装備ウェアはたいへんお高いですが、MTBのライディングは前傾きつくないのでサイクルウェアじゃなくてもぜんぜん問題ないです。

山の中にはウェアが云々いう人もいませんから。

林道に運動公園などなど

コースもいろいろ揃ってます。
何でもない舗装路でも、雪が積もって路面μが少なくなれば、絶好のスノーライドコースへと変わります(そのかわりめちゃくちゃ疲れますが…)。

冬場人出がなくなる公園の舗装された遊歩道なんて、MTBで遊ぶにはちょうどよい感じ。
たまにスノートレッキングしてる人に出会うこともありますが、雪道だとそもそも危なくなるような速度は出せませんからロードよりずっと安全です。

あと、山の麓を走る林道コースも雪が深くなる前はミドルコースとして絶好。
増川、滝川、真山といったあたりの林道をドロドロになって走破する楽しみは格別ですよー。
途中、真山神社でお守りを求めるのもよし。

冬も遊ぼう

冬は籠って家遊び…というイメージがある雪国ですが、そんなの工夫次第です。

秋から初冬にかけてはMTBでいろんなトコロに遊びに行けます。
雪が深くなるとMTBで走れなくなりますが、他にもXCスキーだったり、いろいろと外遊びには事欠かないのが地の果て男鹿半島の良いトコです。

近々ライドレポートもアップしますので、お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です